西洋占星術とは生年月日を星の位置で占う

西洋占星術とは生年月日を星の位置で占う

西洋占星術とは自分の生まれた日、つまりは生年月日を星の位置に当て嵌めて、その星の位置での意味からこれからのその人の未来を予測して占うと言う方法です。星の位置にはそれぞれに古代より受け継がれてきた意味があります。

今日の西洋占星術とはホロスコープからなります

今日の西洋占星術で一番身近で分かりやすいスタイルと言えば、ホロスコープからなると言う事です。星の位置を表示して出来上がると言う事になります。つまり西洋占星術とは太陽を起点として、月、水星、金星、そして火星や木星などの10個の惑星と誕生月に当たる星座から成っていると言う事です。自分が生まれた時に、その10個の惑星が何処位置していたかと言う事で、その惑星の持つ意味でその人の未来を紐解く訳です。そしてその星の位置を示す座標となるのが所謂誕生月と言われる星座と言う事になります。1月から12月までの12の星座があります。

星の配置図が何よりも重要となります

西洋占星術とは星の配置図が何より大切で、この配置が確定してなければ占いが出来ないと言う事になります。必ず人の誕生には生年月日と生まれた時刻があります。それに合わせて惑星があり、星座に当て嵌めて行くと言う事になります。この当て嵌めて出来た配置図がつまりはホロスコープで言うところのバースチャートと言われています。つまりは生まれた時の配置図と言う事になります。人の生まれた日と時刻で表示された図はその人独特であり、その生まれた瞬間の星の配置でその人の生まれ持った性格、そしてその人の才能や運命までも表現すると考えられていると言う訳です。

12の星座と10の惑星から導かれる

西洋占星術は何と言っても12の星座と惑星で成り立っています。12の星座、牡羊座、牡牛座、そして双子座、蟹座、蠍座、天秤座と乙女座、獅子座、射手座に山羊座、水瓶座に魚座で成り立っています。西洋占星術にはこの12の星座、つまりはサインが最も重要な役割をしていると言います。そのためにバースチャートの円周がありますが、必ずこの星座の記号はその円周の一番外側に表示されている訳です。そしてその中の円周に表示される記号が惑星と言う事になります。そしてこの12の星座を軸として生まれた時の惑星がどの位置にあるかでその人の未来を占うと言う事です。

まとめ

西洋占星術には欠かせないこのホロスコープのバースチャートがその人が持っている性格と才能で運命を紐解くと言う事になります。つまり12個の星座と惑星にはそれぞれに性質があります。その性質でその人がどういう人であり、これからどうなるかを予想できると言う事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

西洋占星術においてのサン・サインとは
西洋占星術に関する知識は本で身に付けることが出来ます
西洋占星術におけるハウスとは何か
正しく西洋占星術のやり方を理解して占う
独学でスムーズに西洋占星術を学び占っていく方法
西洋占星術占いで悩みを解決へと導きます
関心の高い恋愛のことを西洋占星術で知ろう
西洋占星術で当たる相性診断をしてみよう
西洋占星術のアプリはとても便利です
星の動きで見る西洋占星術にはそれぞれに意味がある
西洋占星術のインターセプトとは何か
人気の高い占い方の一つに西洋占星術がある
西洋占星術を使って運勢を調べる
西洋占星術を行う占い師の人が存在しています
生まれた時間から紐解く!西洋占星術
西洋占星術から導き出される運命とは
西洋占星術を英語の本でも勉強した方が良いです
西洋占星術でエレメントはどのように使われるか
西洋占星術でエナジーポイントを理解して運勢を良くする
ホロスコープを見方を勉強してみる
ホロスコープの解説をみておくと安心
ホロスコープを解読するにはコツがいる
ホロスコープ鑑定を行うときに気をつけること
ホロスコープで自分の金運や人間関係と金銭を知ることができる
ホロスコープを利用して結婚運を調べよう
運命が変わる?ホロスコープの計算方法
ホロスコープで星占い、隠れた才能を見つけよう