ホロスコープを見方を勉強してみる

ホロスコープを見方を勉強してみる

ホロスコープは西洋占星術で用いられるます。占いが数多くあるなかで、歴史も西洋占星術は雑誌の占いコーナーやテレビコーナーの一部になっていたりします。このホロスコープが読めるようになると、自分で楽しむこともが出来ます。基本的な知識と見方を知ることで自分を見つめなおすきっかけが生まれるかもしれません。

占星術の原理とホロスコープについて

西洋占星術は実際の天体で占っています。なので、生まれた日や時刻の天体がどの方角で運行しているかで、運命や性格を導いているのです。この時に必要なのがホロスコープです。地球上の観測地点から空を見渡した時惑星と星座の位置を写し取った図がホロスコープになります。この図の中は反時計回りでジワジワ動いています。そして全体は時計回りで24時間で1回転となります。1時間違うだけで15度動くことになります。同じ日に生まれても時刻が違うことで図が変わってくるのです。占星術で生まれた時刻を必要とするのはこの為になります。全体の更にその側に黄道があり、12分割され星座が載っています。

ポイントとサイン(星座)とハウスのそれぞれ

ホロスコープには4つのポイントがあります。アセンダント・南中点・ディセンダント・北中点アセダントは東の地平線です。ここにどんな星座や星があるかで基本的性質・容貌が表します。エムシーは南中点で空の一番高いところです。社会的活動、人生で到達すべき目標が表れます。ディセンダントは西の地平線で、社会の関わり方や協力者、パートナーが表れます。アイシーは心のよりどころや一番安らげる場所が表されます。サインは実際の星座ではなく、12区切られたそれぞれに星座の名前が付けられているという意識です実際の星座と区別をするためにサインと呼ばれるます。ハウスは地球上の具体的な活動場所を表します。第5ハウスは結婚の部屋、第10ハウスは仕事の部屋などです。

サインの元素・区分・要素を見てみる

ホロスコープは星座(サイン)の元素・区分・要素があります。4元素は火のエレメント・地のエレメント・風のエレメント・水のエレメントがあります。それぞれの性質が基本的な性格がみれます。次に3区分は活動宮、不動宮、柔軟宮と3種類あります。これから3つから行動の性質をみることができます。2要素は女性宮と男性宮がありその人の関心の方向がわかります。読みの基礎となりますが重要部分になります。この他に星座記号12種類、天体記号10種類ありそれぞれの意味がありますので、覚えておきます。なかなか数が多いので、手元に資料を置きながら慣れていくと良いのではないでしょうか。

まとめ

ホロスコープを読んでいくには、ある程度の知識と経験がいるのかもしれませんが、本を読んで勉強したり、沢山の人のを読むうちに自分なりの見方が出てくると思います。占星術を人生の目的のための到達ツールとして役立て、ホロスコープもそのための地図というとらえかたにすると、見方も変わってくるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

西洋占星術においてのサン・サインとは
西洋占星術とは生年月日を星の位置で占う
西洋占星術に関する知識は本で身に付けることが出来ます
西洋占星術におけるハウスとは何か
正しく西洋占星術のやり方を理解して占う
独学でスムーズに西洋占星術を学び占っていく方法
西洋占星術占いで悩みを解決へと導きます
関心の高い恋愛のことを西洋占星術で知ろう
西洋占星術で当たる相性診断をしてみよう
西洋占星術のアプリはとても便利です
星の動きで見る西洋占星術にはそれぞれに意味がある
西洋占星術のインターセプトとは何か
人気の高い占い方の一つに西洋占星術がある
西洋占星術を使って運勢を調べる
西洋占星術を行う占い師の人が存在しています
生まれた時間から紐解く!西洋占星術
西洋占星術から導き出される運命とは
西洋占星術を英語の本でも勉強した方が良いです
西洋占星術でエレメントはどのように使われるか
西洋占星術でエナジーポイントを理解して運勢を良くする
ホロスコープの解説をみておくと安心
ホロスコープを解読するにはコツがいる
ホロスコープ鑑定を行うときに気をつけること
ホロスコープで自分の金運や人間関係と金銭を知ることができる
ホロスコープを利用して結婚運を調べよう
運命が変わる?ホロスコープの計算方法
ホロスコープで星占い、隠れた才能を見つけよう