西洋占星術におけるハウスとは何か

西洋占星術におけるハウスとは何か

西洋占星術では惑星の位置をハウスと呼ばれるもので計測し、読み取っていきます。ハウスとは、1から12までに分かれており、それぞれに明確な意味があります。適切に理解をし、惑星の位置から自分の得意な分野や陥りがちな弱点を理解し、克服してください。

自分の生まれた時の星座が第1ハウスとなる

基本的に第1ハウスとなるのは自分の出生星座、つまり、出生した時に太陽があった位置の星座です。太陽星座と呼ばれ、基本的な性格やベースとなる人間性を司るといわれています。回りの人からどう見られているのかも、ここで位置づけられるのが特徴です。周囲の人がこんな人だとイメージする人格として挙げられるのが、第1といえます。基礎の基礎となりますが、西洋占星術では自分の出生星座を第1として、左回りで番号が当てはめられていきます。例として牡羊座の人の場合には、第2はおうし座、第12は魚座となるわけです。右回りではなく、左回りでホロスコープがかかれることは一般的なので、覚えておきましょう。

惑星のあるところとないところの違い

西洋占星術では出生地や出生した年月日、時間まで正確に出すことで、精密なホロスコープを作り上げることができます。惑星は基本的に10個ありますが、ハウスは12個となっているため、必ずしも全て均等に惑星が入るわけではありません。全く入らないところができてくるのは当然のことです。全く惑星が入らないといっても影響が出ないわけでなく、位置している星座が支配する惑星を使って占われます。ただし、惑星が入っている所より影響が薄く、一時的に熱心に向き合ったとしても、継続しづらい人もいる分野です。支配する惑星とは、12星座それぞれに影響を受ける惑星があることです。天王星・海王星・冥王星が発見される以前までは他の惑星の支配を受けていたさそり・水がめ座・魚座は2つの惑星の支配を受けると考えられています。

惑星とハウスにも相性や吉凶がある

記事のイメージ画像

入る惑星と星座との相性はホロスコープ上で影響が必ずしも少なくなく、惑星ごとにそれぞれの支配する惑星との吉凶が出てきます。例えばしし座の場合、太陽との相性がとてもよいですが、土星や天王星との相性はあまりよくありません。また、冥王星の影響を受けやすく、海王星の影響を受けづらいといわれています。それぞれの星座によって相性のよしあしは変化しますが、意識して弱点を克服している人も少なくない為、影響が強まる部分や相性のよくない部分を見て、自分を成長させる糧にしている人が多いのも事実です。静養占星術におけるホロスコープは自分自身を正確に知り、よりいっそう向上できるようにするものとされています。

まとめ

今まで知らなかったことや、何となく苦手と思っていた事が、実は惑星の影響であることを知るチャンスにつながるのが、ハウスの正確な読み取り方です。長所を伸ばし、短所を克服する事が、惑星の並びからわかることと考えられています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

西洋占星術においてのサン・サインとは
西洋占星術とは生年月日を星の位置で占う
西洋占星術に関する知識は本で身に付けることが出来ます
正しく西洋占星術のやり方を理解して占う
独学でスムーズに西洋占星術を学び占っていく方法
西洋占星術占いで悩みを解決へと導きます
関心の高い恋愛のことを西洋占星術で知ろう
西洋占星術で当たる相性診断をしてみよう
西洋占星術のアプリはとても便利です
星の動きで見る西洋占星術にはそれぞれに意味がある
西洋占星術のインターセプトとは何か
人気の高い占い方の一つに西洋占星術がある
西洋占星術を使って運勢を調べる
西洋占星術を行う占い師の人が存在しています
生まれた時間から紐解く!西洋占星術
西洋占星術から導き出される運命とは
西洋占星術を英語の本でも勉強した方が良いです
西洋占星術でエレメントはどのように使われるか
西洋占星術でエナジーポイントを理解して運勢を良くする
ホロスコープを見方を勉強してみる
ホロスコープの解説をみておくと安心
ホロスコープを解読するにはコツがいる
ホロスコープ鑑定を行うときに気をつけること
ホロスコープで自分の金運や人間関係と金銭を知ることができる
ホロスコープを利用して結婚運を調べよう
運命が変わる?ホロスコープの計算方法
ホロスコープで星占い、隠れた才能を見つけよう